資源ごみは、ペットボトルや段ボール、雑誌等色々ありますが実は他の家庭ごみを見直すことで、エコにつながります。

回収した資源ごみはエコに再生!
回収した資源ごみはエコに再生!

資源ごみを見つめ直して、かしこいエコ家事。

日々の生活の中で、わたしたちはいろいろな物を消費していますが、それと比例して、ゴミを排出しています。全てのものを「ゴミ」と言ってしまうと、ゴミが増える一方ですが、少しの知識を持つ事、意識を持つ事で「ゴミ」も大切な資源になるのではないでしょうか?生活・暮らしのなかで、ゴミの分別をしていますが、燃えるゴミの日、燃えないゴミの日と一緒に、資源ゴミの回収日が必ずあると思います。ペットボトルや新聞、段ボールなど、誰もが知っている資源ごみもありますが、その他にも、資源ゴミと分類できる物は沢山あって、実は普段、「燃えるゴミ」「燃えないゴミ」として出していた物の中でも、資源になる物が含まれていると、恥ずかしながら、私は最近知る事になりました。

私の住んでいる板橋区では、分別ゴミが大変細かく記載されていて、熟読して本当に色々な物が資源になるのだなと感じました。私が無知だからかもしれませんが、シャンプー容器、ソースや醤油の容器も立派なプラスチック資源なのです。細かいものでいうと、ティッシュペーパーの箱やトイレットペーパーの芯これも、紙類の資源ゴミです。ほんの少しですが、ゴミの分別を見直す必要がある事を感じました。私の中の資源ごみは、リユースができるエコにつながる大切な資源というイメージです。ビンは、洗浄殺菌などをすれば、そのままビンとして再利用されますし、アルミ缶、スチール缶は、アルミサッシやスチール製品に生まれ変わります。紙類、ペットボトルやプラスチック類も、様々な場所でリサイクルされるのです。ゴミの分別について、この何年かで非常に細かくなっているのは、こういった、実は再利用できる大切な資源を、確実にリユースするためだと思っています。ただ、あまりに細かい分別はすぐに始めようとしてもなかなか実行できないと思いますが、自分の住まいのゴミの分別ルールを今一度見返して、意識することが、エコへの第一歩になるのではないでしょうか?

Copyright (C)2018回収した資源ごみはエコに再生!.All rights reserved.