蛍光灯は燃えないごみとして捨てることが多いですが、資源ごみになるなら、エコにつながっていきます。

回収した資源ごみはエコに再生!
回収した資源ごみはエコに再生!

蛍光灯を資源ごみとして利用するとエコになる

照明器具においては、今までは白熱電球と蛍光灯が使われていたと思います。白熱電球は、かなり昔から使われていました。蛍光灯に関しては、白熱電球よりも電気料金が安く済むものとして利用が進んでいます。一般家庭のリビングで使われたり、オフィスで使われたりもしています。どのように捨てるかですが、燃えないごみとして捨てることになるでしょう。割れると危険ですから、箱に入れて捨てたり、その地方の決まりに従って行います。

蛍光灯に関して、一見、ガラスが使われているように見えます。実際使われているのですが、そうなると、ガラス製品にリサイクルなどができると思ってしまいます。ですから資源ごみになるのではないかです。上手く活用されればエコにつながります。確かにガラスなのですが、蛍光管の内部において、いろいろなものが塗られているようです。光る元になる蛍光灯があります。そのほかに問題になる素材が使われていることがあります。それがあるために慎重になります。

それは水銀です。こちらは、体にとっては決して良くないものとされています。リサイクルをして、体内に入るようになると大変です。そこであまり積極的にリサイクルが行われてきませんでした。しかし、ある業者においては、蛍光灯のリサイクルに取り組まれています。こちらの成分から水分を取り除き、細かく分類して、再利用することができるようにされています。業者が限られているので、まだまだ全国で行われていることではありません。

Copyright (C)2018回収した資源ごみはエコに再生!.All rights reserved.