白熱電球を資源ごみとして回収して、その代わりにLED電球を買ってもらうエコな取り組みの会社がありました。

回収した資源ごみはエコに再生!
回収した資源ごみはエコに再生!

白熱電球を資源ごみとして回収するエコな会社

LED電球、LEDランプなどが広まってきています。当初は小さい照明器具として使われていました。自転車に取り付ける照明であったり、パソコンを利用するときに少し得られる照明としてです。でも、最近は、通常の照明器具として利用が進んでいます。電球型のものから、蛍光灯型のものもでています。街で見かける信号機もLED化が進んでいます。電気代が安く済む上、寿命が長くなります。交換にかかるコストなど減らすことができるのです。

家庭においてもLED化がどんどん進んでいます。しかし、なかなかふみきれないこともあります。まずは価格です。白熱電球が100円ほどなのに対して、LED電球は千円以上します。さらには、十分な明るさを得られないことがあります。ある程度の明るさはあるのですが、白熱電球の100ワットほどの明るさになると難しいこともあります。でも、全国的な取り組みとして、白熱電球から、LED電球に変えようとする動きが広まりました。

それは家電量販店が行ったエコなものです。白熱電球を資源ごみとして回収し、そのときにクーポンをくれるものです。そのクーポンは、LED電球を購入するときに使えるものです。劇的に安くなるわけではないですが、幾分安くなるので、それを機会に買い換えてみようとする家庭が増えているようです。全国において利用が進めば、それだけ電気の使用量が抑えられます。夏場などにおいて、電気が足りない状態から脱する一つの手段です。

関連サイト

Copyright (C)2018回収した資源ごみはエコに再生!.All rights reserved.