使い捨てライターを資源ごみとして、タバコ店で拠点回収する例があります。エコにリサイクルされる例です。

回収した資源ごみはエコに再生!
回収した資源ごみはエコに再生!

使い捨てライターを資源ごみとして拠点回収するエコなところ

ごみを捨てるときには、ゴミ捨て場に捨てる方法があります。街を歩いているときにでるごみについては、その周辺にあるゴミ箱などに捨てることになるでしょう。また、家庭のごみに関しては、その地区の決まった場所に出すことになります。そのほかの捨て方があります。それは拠点回収と呼ばれる方法です。これはどのようなものなのでしょうか。通常は、地方自治体がごみを収集し、そのための決まりなどを示してくれていますが、拠点回収は少し異なります。

拠点回収は、主に、販売者が行うものになります。良く行うものとしては、牛乳パックや、食品トレーをスーパーマーケットに出すことがあります。販売者であるスーパーマーケットが回収をして、それを業者に引き渡す形になっています。この形を取ることで、それのみの回収を行うことが出来ます。他のものとの区別をする必要がないので、いくつかの商品で行われています。その中で、ある地域において、使い捨てライターについて行われていると聞きました。

通常使い捨てライターは、捨て方に困るものです。発火装置がついているだけに、取り扱いを間違えると危険です。ガスを使いきり、燃えないごみとして捨てていました。ある地域では、資源ごみとして、タバコ店などが回収するようにしているそうです。指定されたタバコ店に持っていけば、引き取ってもらえます。そこで集めたものは、業者のところに集められ、分解されて、適切にリサイクルされます。エコな取り組みとして、テレビでも取り上げられました。

Copyright (C)2018回収した資源ごみはエコに再生!.All rights reserved.