ビデオテープが不要になったなら、資源ごみとして回収している業者に依頼します。エコにリサイクルしてもらえます。

回収した資源ごみはエコに再生!
回収した資源ごみはエコに再生!

ビデオテープを資源ごみとして回収してエコに再利用

地デジ対応のテレビを購入するとき、録画はビデオデッキで出来るのか気になることがありました。別途チューナーを取り付けないと出来ません。幸い、テレビのほうに録画の仕組みが付いていたので、録画機を別途購入することはありませんでした。ではビデオデッキはどうするかです。これから録画をすることはありませんが、再生することはありそうです。大量にビデオテープがあるからです。かつて録画したものを見るときに必要になります。

ただしビデオテープは劣化が早いです。そこでどんどんテレビについている録画システムのほうと連携してダビングを進めるようにしました。ダビングが終ったビデオテープは不要になります。これをどうすべきかです。市のごみの捨て方を見ると、燃えるごみとして捨ててくださいとありました。でもプラスチックなどが使われていて、何か再生することができそうです。そこで資源ごみとして回収している団体があるのではないかと調べることにしました。

すると、回収をして、分解をし、それを部品ごとに分けてそれぞれリサイクルしている例が紹介されていました。テープ部分と表のプラスチック部分しか知りませんでしたが、部品だけで30個以上もあるそうです。ねじなどもあります。テープによって、ねじが金属のこともあれば、プラスチックのこともあります。そのためにきちんと分解をしなければいけないようです。何十、何百とあるのであれば、こちらを利用すると、エコに処理してもらえます。

Copyright (C)2018回収した資源ごみはエコに再生!.All rights reserved.